XMは日本人海外FX口座開設者数ナンバー1
順張りの優位性が圧倒的だった日 | XMトレーダーの海外FXブログ

XMトレーダーの海外FXブログ

1日1回見るとトレードが上達する魔法のブログ。FXの相場状況を的確にとらえ、それをリアルタイムで発信しているXMトレーダーです。 口座開設のご案内もしていますのでそちらもご覧ください。有益な情報を訪問していただいた方に差し上げます。毎日更新中!!

順張りの優位性が圧倒的だった日

time 2019/04/05

順張りの優位性が圧倒的だった日

XMTradingホームページ

米中会談があると知って早朝まで起きていましたが、午前5時30分から始まるのは劉鶴副首相との貿易協議だと分かりました。

トランプ大統領と習近平国家主席との首脳会談は別の日になるみたいです。

木曜日のポンド円15分足チャートを見てみましょう。

なぜ15分足なのかというと、画像サイズを記事ページに合わせるためにちょうどよかったからです。

表示されているテクニカルはボリバン2αとパラボリックの2つ。

1日分のローソク足を見てみるとポンドを売っていれば儲かったチャートですが、欧州初動がレンジ相場であったためレンジ抜けしたときにショートできていたかというのがキーポイントだったと思います。私はそのときロングを持っていて損切り、損益を0に戻すための戦いを余儀なくされていました。プラス収支に転換したときにはかなり疲れていましたね。利益はたいしたことありませんけど、勝ち日にできたことで満足。

順張りショートが圧倒的な優位性をもっています。ようやく私のファンダと為替市場のファンダが一致してホッとしました。

前日まではあまりにもポンド買いが強かったので、自信のないロングを入れるのは気が引けますから。

金曜日は米中会談と米雇用統計でドルが主役の一日になるかもしれません。そうなるとポンド円はレンジ相場濃厚でしょうか。

レンジ相場だとしても同時にポンドが動けば若干のトレンドが出そうです。

ニューヨーク時間はドルが動くのでポンド円はその時間帯にレンジ相場になることが多いのですが、昨日はトレンドが出てしまいました。

チャートが反転するかもしれないという思い込みをやめてただ順張りしていればいいという教訓を得たチャートでした。

取引口座タイプ

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

XMリアルFX新規口座開設方法

XMMT4追加口座開設方法

XMデモ口座開設方法

myfxbook

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最新記事

おすすめ記事ピックアップ