XM TRADINGは日本人海外FX口座開設者数ナンバー1
MetaTrader4の通信量をXMTradingで調査してみました。 | XMトレーダーの海外FXブログ

MetaTrader4の通信量をXMTradingで調査してみました。



 

パソコン版MetaTrader4の通信量はどれくらいなのか、ふと疑問に思って調べてみました。

昨今はどんなときもwifiのような通信量無制限で固定回線代わりになるポケットwifiなるものが人気で、スマホのギガ契約を増やすよりもお得に大容量を使うことができます。

通信量を計測できるソフトをwindows10パソコンにインストールしてさっそく調査。

調査完了しましたのでその報告です。

XMTradingのパソコン版MetaTrader4において、1時間で消費するダウンロード通信量は20通貨ペアのチャートを同時に開いた状態でおよそ1MBでした。

1MB×24時間=24MB

チャートの値動きが穏やかな午前中の計測であるため、実際は1日30MB程度になるかな。

30MB×31日=930MB

ということで、毎月1GBあればパソコン版MetaTrader4の通信量は足りることが分かりました。

アップロード通信量はほとんど考えなくていいくらいの数値で、1時間あたり9.07KBの結果。

24時間FXをやっても毎月たったの1GBで済みます。

情報量の少ないスマホ版MetaTrader4ならもっと通信量が低くなる気がします。

これからポケットwifiを使いたいっていう人のために、参考になれば幸いです。

 

日本人に1番人気の海外FX口座 XMTRADING公式サイト
↑この記事がお役に立てましたら口座開設をお願いします

クリックしてね

FXGT.com サーバーさくさくで快適トレードができる!仮想通貨取引は365日できてどんな通貨ペアでもレバレッジ1000倍。  
Gem Forex 2週間に1回入金100%ボーナス、稀に200%ボーナスもある。
iFOREX 昔と違ってスプレッドが狭くなった老舗の海外FX業者。
TradeView スキャルパー向け口座あり。最狭スプレッドではあるがレバレッジ200倍とロスカット水準100%で国内法人口座を意識してる。

ブログのトップページへ戻る


コメント

タイトルとURLをコピーしました