XMは日本人海外FX口座開設者数ナンバー1
MT5で指値が入らないときに気をつけたいストップレベル | XMトレーダーの海外FXブログ

XMトレーダーの海外FXブログ

1日1回見るとトレードが上達する最高のブログ。FXの相場状況を的確にとらえ、それをリアルタイムで発信しているXMトレーダーです。 口座開設のご案内もしていますのでそちらもご覧ください。有益な情報を訪問していただいた方に差し上げます。毎日更新中!!

MT5で指値が入らないときに気をつけたいストップレベル

time 2020/01/12



 

ポジションを入れてから逆指値と指値を入れる。

そんなトレードスタイルを長年やってきました。近年はそれが面倒くさくなっていて逆指値だけとか、両方入れないということもあります。

5pips下に逆指値を入れようとしても注文が弾かれるのはなぜだろう。

FX歴がかなり長いプロトレーダーの私からすると、これを解決できていない人は初心者です。

MT4/MT5にはストップレベルというものがあり、指定された値幅よりも狭いレートに指値をいれることができません。

FXGTのGBPJPYを参考にしてみます。

画像のGBPJPYスプレッドが広いのは今日が日曜日だからです。いつもは35以上は付けません。

気配値でGBPJPYのところにマウスカーソルをもっていき右クリックして仕様を左クリックするとこのようなウィンドウが出てきます。

ここにストップレベルというのがありますから、それが値幅制限を意味します。

この場合だとストップレベルが136です。

pips換算すると13.6pips以上、現在のレートから離れたレートでないと逆指値・指値を入れられませんということ。

FXGTは変動スプレッド採用業者であるため、もう少し広げて140程度で指値注文すると1回で入るようになると思います。

GBPJPYが143.145であるなら逆指値のレートは143.005よりも下のレートにする必要があります。

各通貨ペアごとにストップレベルは異なりますので、逆指値・指値注文が入らないときはこのように調べてから注文してみましょう。

 

XM TRADING 公式サイト
↑この記事がお役に立てましたら口座開設をお願いします

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

XMMT4追加口座開設方法

XMデモ口座開設方法

myfxbook

最新記事

このページへチップを贈る

おすすめ記事ピックアップ

アーカイブ

RSS XMトレーダーの海外FXブログ